いつでも繰り返し
学べるデジタル教材

宿題補習授業集中学習など様々な学習形態にご活用いただけます。

最新情報

2020.4.13   『デジタルドリル』コンテンツを無料にて登録承ります(期間限定)。「新型コロナウイルス感染症」対応へ活用下さい。

2020.4.13   『デジタルドリル』リリース致しました。※随時更新致します。

デジタルドリルとは?

ネットを利用してPC・タブレット・スマホなどの端末で、効率的でスピーディーな英語学習を行うことができるデジタル教材です。

  • 対象学年小学5年・6年
  • 対象教科英語

(※2020年4月現在)

専用教材

デジタルドリルは専用教材「New 小学生ワーク」シリーズと連動しています。基本内容の確認・定着から実力養成まで幅広いニーズに対応したテキストです。

  • 2020年4月現在対応教材:「New 小学生ワーク英語」小学5年・6年
    今後対応教材を順次追加していく予定です!
テキストサンプル

サポート機能

講師用サポートツール「Learning Management System」

講師用サポートツール「Learning Management System」 内で、個々の生徒の理解度の確認や、学習レポート・修了証が 印刷できます。

学習方法・メリット

英語をパターン演習でしっかり学ぶ!

テキストで学習した内容から様々な問題がランダムで出題されます。 問題パターンは「読む」・「書く」・「話す」・「聞く」の英語4技能から最大15パターン用意。バランスよく4技能を学べます。

メリット

  • 単語・表現を複数の問題パターンでくり返し演習でき、テキストの理解を深めることができます。
  • 英語に必要な4技能を身につけることができます。

ドリル形式で繰り返し学ぶ!

出題前後の流れから答えが想像しやすいテキストやワークブックとは違い、デジタルドリルでは出題は1問ごとに画面表示され、出される順番もランダム。繰り返し学ぶことで学習内容が定着します。

メリット

  • 自分の弱点が可視化され、苦手な技能を意識的に練習することができます。
  • 内容の定着につながり、実践力を身につけるための土台作りができます。

苦手な技能は集中トレーニング!

各Chapter終了後に正答率が表示され、自分の苦手な技能を知ることができます。苦手な技能が含まれるChapterは集中して取り組むことができます。

メリット

  • 反復学習により、記憶の定着につながりやすくなります。
  • 各技能をバランスよく向上させることができます。

利用事例・メリット

宿題として活用

塾内での空き時間や家庭での宿題としてご活用いただけます。

メリット

  • テキスト以外で学習内容に触れる機会を増やすことにより、授業時間内の指導やコミュニケーションをより円滑に進めることができます。

補習授業で活用

集団授業で学習進捗に遅れがある生徒の補習はもちろん、授業だけでは学習しきれなかった技能のサポートにも利用できます。

メリット

  • 集団指導であっても、苦手分野のある生徒に合わせた細かな学習サポートが可能になります。

集中学習に活用

生徒の苦手な技能に合わせて集中学習ができます。

メリット

  • 個々の生徒は苦手な技能だけ集中的にトレーニングできるため、バランスよく様々な技能を向上させることができます。

いつでもどこでも活用

WEB環境があれば,スマホ・タブレット・PCで”いつでも・どこでも”学習可能。生徒個々の生活スタイルに合わせて活用いただけます。

メリット

  • 気軽に復習と予習ができることで,より深い理解と定着につなげることができます。

使用推奨環境

生徒側の推奨環境

OS
  • iOS13 以降
  • Windows10 以降
  • MacOS 10.14以降
  • Android7以降
ブラウザ
  • Safari 最新版
  • Google Chrome バージョン80.0 以降
  • Microsoft Edge 最新版

管理側の推奨環境

  • Windows(メーカーが正式サポートを行っているバージョン)+IE最新版

無料デモ・お問い合わせ

「デジタルドリル」を一度試したいという方向けに無料デモ(約2週間)をご用意致します。
以下お問い合わせフォームよりお申込みください。
(お問い合わせ項目は【その他】をご選択いただき、入力欄に【デジタルドリル(無料デモ希望)】とご記載下さい。)

サービスや機能のご質問もメールフォームまたはお電話より受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

052-902-6141

受付時間:平日9:00~17:30
※時間外のお問い合わせは「お問い合わせフォーム」をご利用ください。